HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日常

近状と あの日

まずは 7日
コミューでの 呑み会がありまして いつものメンバー以外に ご新規さんがいらっしゃいました
その方 バイクに乗るようで レースとかはしてないようだけど ハスクだとか・・・
話があうかと思ってたら とんでもない^^;
周りの場の雰囲気を壊し 自分のい主張だけ話 聞き耳持たないもんで
席を移動させてもらったけど
一緒にツーリングいこうと しつこいのなんのって><。
お休み違うしと逃げてたのだけど 私がよっぽど 嫌がってたのが見えてたのか 一緒にいた人が
切れてました^^;
次回の呑み会にも ここ(コミュー)にも書き込み禁止令がだされてましたわ・・・
たぶん もっと絡まれてたら 私が切れてただろうけど(笑)
そこそこ逃げてたしねw
飲むなら 楽しくみんなで話したりしてたいのになぁ
そこをうまくコントロールできる人が不在だったために 疲れただけの呑み会になりましたわ><。

そんなこんなのやり取りがコミューにありまして 出禁になった方は書き込みしなくもなり
カフェオフと称して 9日にカフェで今までのメンバーとお茶してきましたw
気になるお店だったので集まった集まったw
しかも その件が気になって 集まったとも言うけどw
それでも 賑やかで楽しいカフェオフでしたわ
ただ 残念なのが 写真を撮り忘れてきたことぉーーー
いつかリベンジしてやるw
バイクで行く方が 便利なところだしねwww
暖かくなったら 今度はバイクで行ってみよぉ~♪


でもって 本題の あの日・・・

今日は 震災の話題ばかり
あの日 本当なら 新港の近くにいたはずの私
(ユーチューブでは アウトレットの画像がかなり流れてたと思いますが)
前日に友人と喧嘩して 具合が悪いのに 病院に行けーって言われて
いつもなら 一人で行くのに その日に限って 友人に連れて行ってもらったっけ
それで 友人は車とともに助かり 自宅に置いてあったバイクちゃんは 沈んじゃいました。。。
ただ そのバイクを引き取って 今あれこれと 修復してるようですが
出来あがるのは いつになるだろうって感じです^^;
買った方が 安く早く乗れたんだろうにな
でも 思い入れのあるバイクだと そうやすやすと手放せないのかもしれませんね

未だに 友人の家は取り壊されずに その場にあります
人が入った形跡があり 自分のものとは違うものが置いてあったり
ほぼ友人の家から先が見渡せるようになって
この家 修復したんだ とか
ここはあの当時のまま 残ってる家もあり 
住んでるようだけど 大丈夫なのか などど気にかかったりもしてます

私の住んでたアパートは 未だに健在ですw
そして 私たちが引越した後に 入居したらしく 今は違う部屋が入居者募集になってたぁ
しかも 大家が変わったみたいだし 家賃もお高くなってましたぁ~w

って あの日と話が遠くなってきた^^;

病院から自宅まで 30分もかからない場所
信号は止まり 渋滞で 裏道である田んぼとかの道を通ったのですが
道路の真ん中にぽっかり穴があったり・・・
病院の横の住宅は 外付けの灯油のタンクが斜めってて 灯油がこぼれてたり
道が道じゃなく でこぼこになってたり
いろんなものが 倒れてて 道をふさいでる場所があったり
子供たちとの連絡が とぎれとぎれで どこにいるかわからず
一人パニックになってました
子供は 平地にあるパチ屋のPにいて 3人無事確保
その時には 雪が吹雪いてて 寒くて 話もなかなかできない状態で
停電になってるのだから 電気は付かない
まずは 避難場所に指定してある 小学校に行こうってことになり
自宅にまず戻り 毛布とかを引っ張りだしてきた
自宅は ガラスが散乱してて 寝る場所もなかったしね
体育館では マットがうまく調達でき 毛布を持って来てて 助かった
みんなに配るだけの分がなかったんですもの
体育館のヒーターは 付けてくれたけど そんなに温まるわけでもなく
毛布に家族で身を固め 猫を抱っこしつつ暖を取った
たび重なる余震に震えながら 眠れない時間を過ごし
車のラジオや TVでニュースを見て そんなに酷いことになってたのかと
震え 燃えてる方向の空だけは 赤々として
なんだか 夢なのかと 現実逃避をしつつ
この現実に立ち向かわないといけなかった
次の日からは 自宅を片付けつつ 水の確保 食糧の確保 日用品の確保と 3日間動き回った
片付けが終わりそうな3日目
体育館のマットで 三女のアトピーが悪化した
もう自宅に戻るしかない なんとか身体を清潔にしてあげなくては・・・
カセットコンロでお湯を沸かし 身体を拭いてあげたり 薬を発掘して 塗ってあげたり
水の確保がものすごく大変で それでも 水を確保してあげないと
って 走り回ってました・・・
自衛隊が持ってきてくれた水は 一人500ミリリットルまでだったのよ
大きなタンクを持って行っても 中身はたかがしれてました
自分の順番が来る前に 終わっちゃったりもしたし
ほんと 大変でしたね

ふぅ ここまで書いて 疲れてしまった・・・
今日はここで おしまいw

次はあるのか?(笑)

コメント

No title
私も あの日のことを書いたブログを読み返しました。
幸い私は単身ですので自分のことだけでよかったのですが、
ご家族のこと大変だったでしょうね。
バイクを一生懸命修理されている方の気持ちよくわかります。
速く復活するといいですね。
単身ライダーさんへ

あの日 こちらにいたのですか・・・
ご家族は心配されたでしょうね・・・
自分もあの当時のブログを読み返したけど 尻切れトンボになってましたっけ^^;
バイクの修理は やっぱり年代物だし 部品が揃わなかったりして
なかなか進まないみたいです

なんとも、辛すぎて・・・。
こんばんは~。
あの日の事は、いつも思うのですが・・・。
何とも、辛すぎて・・・。
おっちゃんは盛岡に住んでたことがあり、三陸沿岸に仕事に行くことが多く、
いろんな方々に大変お世話になりました。
おっちゃんが逢って・話をし・一緒に食事をした人達はみんな助かったんだ
ろうか?
あまりに辛くて、あの日以来・・・岩手・宮城に足を踏み入れれないでいます。
今年こそは、行きたいと思っている今日この頃です。
おっちゃんの住んでる秋田は、あまりに被害も何も無い、あまりにもお気楽
な人達ばかり目につきます。
被害にあっていないおっちゃんは、大変でしたねとか頑張って下さいとか・・・震災に関しては口が裂けても言いたくないとズ~っと思ってました。
だからなのか、毎年・何回も行っていた仙台にもこの3年、一度も行けなかったのかも知れません。
やっと、今年になって行ってみようと思うようになりました。
一生忘れられない日…
まだまだ、大変な事が多い現状で
言葉がみつかりません。
ただ、みんなが前向きに頑張ってる
姿を見て逆に私が勇気づけられたり…
自分の無力差を感じます。
おっちゃんライダーさんへ
あの日の事は 忘れないでいたいと思います
先だってあの当時の日記を読み返したりしましたが 書きたかった事が中途半端で終わってた^^;
辛くても その場の当事者であり 生き残ったのだから
自分には何かやれることがあるのでは?と思いつつも
あまり動けてません^^; 
住んでる地区は被害が少なかったです やっぱりお気楽は人はいましたよ?
どんどん 宮城 福島 岩手に来てください
それが 復興への道でもあると思います
復興の応援 よろしくお願いいたします <(_ _)>
チョロさんへ
人生の中で忘れられない日です
大変な事が多くても 幸せってあるんですよ^^b
人 一人では 確かに無力ですが あつまるととてつもない元気が生まれてきます
こうして お話できるようになって 私も元気を頂いてます
ありがとうございます <(_ _)>


コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。