スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして・・・

長女が 避難所にたどり着いたのは 18時過ぎでした
長女は障害者の指導員で その人たちをなんとか地下鉄の駅まで みんなで歩いて送り届けようとしてたようです
でも地下鉄は・・・動いてない
社長がみんなを送り届けるってことになり 長女は職場まで戻り
帰宅しました

避難所で 家族揃い みんなの安否に喜びましたが
余震が酷く 配られたビスケットと水を食べるにも食べれず
眠りの浅い 夜を過ごしました
体育館の体育のマットをなんとか2枚確保できたので
そこで 6人はさすがに寝るのはきつく 友だちは車で寝むりました

朝は アルファー米の炊き出し
それで避難所に常備してあった避難食はそこをついた
もよりの避難所から なんとかかき集めて
乾パンとおにぎり どちらかを選んで食べた

日が登るころには 自宅に戻り 片づけ
夕方には避難所に戻る
13日福島の原発のニュースから 子供達にはチェーンメールが届き始め
黒い雨が降る その前になんとしても 自宅に戻りたい
子供がそう言うなら 不安をなくしてあげたくて自宅に戻ることにしました
生活排水に使うプールの水をくみ 食糧を確保して
その日の夜は 土鍋でご飯を炊き 6時には とこについた
朝は そのご飯に水を足し 食べた
ガソリンの確保 灯油の確保
日々 あれこれと みんなであちこちと分散して 確保した

14日の夜 やっと 電気が通った

外があんなに明るいって感じたことはなかったかもです

続きます(笑)



スポンサーサイト

東北大震災

11日 14時47分
ぐらぐらと揺れたと思うと ドシンと来た
かなり長い時間揺れてました

私は午前中から 婦人科に 更年期外来に行き
診察結果から 睡眠障害があるそうで そっちの専門の病院も受診するようにと言われて
午後1番に診察してもらってる最中でした

病院の天井のエアコンが落ち 壁に亀裂が走り
カルテの棚が動いてるのを 待合室で揺れが収まるまで待ってました
その時 すでにパニックになってました

友達に付いて来て貰ってたので 友達にしがみついてましたわ

揺れが少し収まり外に出てみると・・・
信号が停まり 隣の家の灯油缶が横たわり 灯油が出てた
道路は渋滞
その中 家族との連絡が取れないまま・・・
携帯つかえねーーー
それでも なんとか 隙間を狙って 子供4人のうち 3人と連絡が取れた
まずは 3人一緒にいる
近くのパチンコ屋の駐車場にいた
長女は仕事先で連絡が取れないまま
次女は仕事に行く前で ちびと一緒に自宅にいた
長男は免許センターで 合格した免許書を受け取ったところ
3人で連絡が取れたらしく 長男はバイクで次女の待つ駐車場にいた
そこになんとか迂回しつつたどり着いた時には雪がかなり吹雪いてた

自宅にいったん戻り 毛布や水を持ち
食べれそうなものを持って 避難所である近くの小学校へ向かった
長女には 小学校にいるとメールを送って・・・

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。